鍼治療

少しでも椎間板ヘルニアの疑いがあれば名古屋の治療院へ

椎間板ヘルニアを予防するためにどうすべき?

椎間板ヘルニアというのは、多くの方が抱えている悩みだと言えます。椎間板ヘルニアは重いものを日常的に持つことが多い方など見られるものであり、遺伝というのも深く関係しています。
では、椎間板ヘルニアを予防するためにはどうしたら良いのでしょうか。重いものを持たないように、というのは正直無理な話だと思います。仕事などで力を要する仕事をしている方も多く、実際そのような方は椎間板ヘルニアで悩まされている方が多いのです。
重いものを持つときに腰に負担をかけないようにと工夫するのも大切ですが、仕事で重いものを持つ方というのは日頃から気を付けているのに椎間板ヘルニアになってしまうといった方が多いと思います。そのため、作業中というのは、動作に工夫を加えるというだけではなく、コルセットなどで腰を保護してあげるということが大切となるのです。椎間板ヘルニアには、骨がずれたりすることによって起こりますので、コルセットを使用することで腰を保護することができます。ただ、気を付けなくてはならないのが、長時間コルセットをつけるというのは腰の骨が弱くなってしまいますので、睡眠時や作業以外の時はコルセット外すようにしなくてはなりません。

記事一覧